料金が最も安い方法|納骨堂が現代人に人気

墓地

新しい弔いのスタイル

ウーマン

いつでも会えるところへ

お墓は墓石だけではなく、墓地の特定の区画の永代使用料を支払わないといけません。墓地の管理者がお寺だと、他にも様々な理由でお金を支払う義務が発生し、経済的な負担も大きくなるので想像以上にお金がかかります。遠方だとお参りの為に通うのも一苦労です。しかし、納骨堂ならこれらのデメリットをまとめて解消できます。納骨堂とは、室内に設置されている新しいタイプのお墓で、ロッカーなどに遺骨を収納するスタイルです。多様化が進んでおり、上が仏壇で下に納骨スペースがあるタイプなど、その納骨堂ごとに形態が異なっています。家族で同じ納骨堂に入ることもできますし、家族や親せきのしがらみから解放されたい人は、個人で納骨してもらう道もあります。終活の一環として、自分の納得いく形の供養を自由に選べるのがポイントです。具体的な費用ですが、納骨堂は一人当たりの相場が約50万円だと言われています。お墓を立てる時に平均で170万円かかることを考えると、かなりコストカットになることが分かります。納骨費や管理費も経済的な負担が少なく済むように、低価格路線の納骨堂が多いです。室内なので掃除などの管理が不要な点も大きいでしょう。お参りに通う時の手間が少ないのも特徴的です。納骨堂は駅からアクセスの近い場所に建てられていることが多いからです。室内もバリアフリーで快適性が追求されているので、故人と過ごす時間にゆっくりと浸ることができます。

高まる墓地の需要

家族

神奈川県で霊園を探す際にはポイントが二つあります。一つ目は霊園を運営している団体の違いを知ることです。二つ目は都市部にあるか郊外にあるかです。お墓は長く付き合っていくものであり、高額な買い物です。きちんと比較した上で決めるようにしましょう。

希望の日に納骨する

墓

京都の永代供養墓は、屋外に設置されたタイプと仏壇のような納骨堂が主流です。どちらも、墓誌への彫刻や位牌の字入れなどで1週間〜2週間ほど必要になりますので、この期間も考慮に入れて納骨希望日に間に合うように準備しましょう。

お墓の悩みを解消できます

お墓に手を合わせる人

実家と遠く離れて生活をしている人は、自宅の近くにお墓を移動させて、定期的にお墓参りをしたい人が増えています。神奈川にあるほとんどの霊園は、利便性の高い立地にあり、明るく日当たりが良好なので、故人が最期に眠る場所に適しています。