料金が最も安い方法|納骨堂が現代人に人気

女性

希望の日に納骨する

墓

準備に必要な期間

永代供養墓は従来のお墓と違い、個別の墓石を用意しません。そのため、契約から納骨まで短期間で行えます。京都の永代供養墓で主流になっているのは、屋外に設置された石造りのロッカーのようなタイプと屋内にある仏壇のような形の納骨堂です。それぞれ、納骨のために必要な準備が違ってきます。屋外にある永代供養墓では、故人の名前や戒名を共同の墓誌に彫刻するものがほとんどです。墓誌への彫刻は2週間ほど時間がかかることが多くなっています。一方、京都にある屋内の納骨堂は仏壇になっている部分に仏具や位牌を飾ります。位牌にはやはり戒名を入れますので、この時間が1週間から10日ほどかかります。こうした永代供養墓を求める際には、これらの期間も考慮して納骨の希望日に間に合うようにしましょう。また、契約には契約者の住民票や印鑑証明などが必要なことがありますから、事前確認しておくとスムーズに手続きが進みます。費用を支払って契約が締結しますので、振込みでの支払いの場合は確認まで日数が必要になるケースも考慮しておきましょう。すでにあるお墓から遺骨を移す改葬ですと、改葬許可書が必要になります。改葬許可の手続きを行う際には、京都市役所へ改装許可を申請するようにしましょう。京都市外でしたら、今のお墓がある自治体への申請です。どちらのパターンでも、遺骨を納める永代供養墓の管理者と今のお墓の管理者、両方の署名や契約書などの書類が必要になります。改葬先が決まったら、書類の準備も早めに始めましょう。